アルギニンはバストアップに有効?

バストアップに有効だと言われているアルギニンについてのまとめ

アルギニンの働き
  • 成長期には必ず必要な成分の一つ
  • 成長ホルモンの分泌を促す働きがある
  • 筋肉を大きくする
  • 体の免疫機能を向上させる
  • 筋肉等に栄養を運ぶ血流の改善
  • 精神的にも作用する
  • 男性機能(ED)や、生理不順の改善
  • 脂肪の代謝を促進する

 

アルギニンが多く含まれる食べ物

 

肉類、魚の白子(しらこ)、乳製品(チーズ・ヨーグルト)、大豆、ごま、牛乳に多く含まれている

 

 

不足するとなりやすい症状

 

  • 成長不良

成長期には、必ず必要なアミノ酸で、体の成長に大きく影響をしてきます。
不足すると体・心とも成長不良になってしまう可能性があるようです。バストに限定すると、発育不良(大きくなるものがちいさいまま)といったことが起こってしまうかもしれません。

 

  • うつ症状

精神にも働きかけるアミノ酸。不足すると通常の精神状態を崩してしまうことは想像できますね。

 

鬱症状

過剰摂取は危険


成長期に必要なアミノ酸ですが、成長期の細胞の活性化があればこそです。成人以上の細胞にたいして、短期間で過剰に摂取することは危険があります。
1日あたり30g以上を長期間摂取し続けると、がん細胞の増殖が起こる危険性があります。バストアップをしたい気持ちは理解できますが、適正な量を守ってアルギニンを使ってください。

 

1日あたりの必要量

1日合計2〜10gを朝・昼・晩の時間に分けて摂取しましょう。
食事中は、食物や飲み物から摂取できるので、サプリメントのタイミングとしては食事の前後2,3時間あたりがオススメです。食事と一緒に効率よく消化吸収されますね。