aカップでも盛れる水着

胸があふれて谷間を作れるビキニの着方

夏やリゾートに着てみたい水着は、ビキニですよね。
胸が大きい女の子は、胸元に谷間が作れるけど、aカップの私には100%無理だと諦めていませんか?

 

aカップを大きく見せる方法」よりも、もっと谷間を作ることができるビキニ専用の方法がありました!
ビキニを諦めていた女性も、ビキニをかっこよく着こなせるチャンスです。

 

aカップ盛れる水着

 

 

ビキニ ブラの種類

ビキニは、大きく分けると

ビキニ ブラの種類バストの下側を支えてくれるワイヤー入りタイプ

ビキニ ブラの種類ワイヤーがないタイプ

に分けることができます。

 

ワイヤー入りのビキニは、こんなタイプ

ワイヤー入りブラ

 

日常使いのブラジャーのように、ワイヤーがカップ底部からわきまで入っているタイプです。

 

下から持ち上げ、ワキ肉を内側に寄せ上げる働きをしてくれるので、ある程度胸が大きい女性であれば、簡単に胸を盛って谷間を作ることができますね。

 

しかし、ワイヤーで締め付けているので、一日中着ていると痛みを感じることもあるようです。Bカップの女性であれば、上手にブラを付けることでCカップの胸に見せることが簡単にできますよ。

 

aカップの女性は、水着の種類やサイズをきちんと選ぶことで、Bカップ〜Cカップに見せることも可能ですね。柄にこだわると、自分の体に合わない可能性があるので、サイズ重視で水着を選ぶのがポイントです。

 

人気の三角ビキニ(ワイヤーなしタイプ)

三角ビキニ

ワイヤーなしのビキニと言えば、三角ビキニ(三角ブラ)ですよね。

 

スポーツショップの水着売り場でも、三角ビキニは種類も多く人気です。この三角ビキニのブラは、三角の布にヒモが付いているだけで、胸をしたから支えたりワキ肉を寄せ上げて谷間作りをサポートしてくれるワイヤーが入っていません。

 

実際に水着売り場で確認してもらうと、ブラがぺらぺらの布だけだと分かると思います。

 

三角ビキニは、胸を三角形の布で隠しているだけの水着です。バストが大きい人には、胸のラインをキレイに見せることができますが、aカップでは布がのっかているだけでぺちゃんこ状態です。平均的に胸の小さい日本人女性が着こなすには、ハードルの高い水着ですね。

三角ビキニ専用盛れるパッド発見

三角ビキニは、胸の小さい女性にとっては憧れの水着です。

 

ワイヤー入りとは違い、サポートしてくれるものがないので胸が小さいことが直ぐにばれてしまいますし、かっこよく着こなすことができません。
ワイヤー水着よりは、細く見えるので男子受けもいいですし、可愛く見えます。

 

次の方法で三角ビキニをしっかりと着こなすことができます。

 

三角ビキニ専用パッドを必ず使う

三角水着をaカップ・Bカップの女性でもカッコよく着こなすことができるアイテムが「三角ビキニ専用パッド」です!!

 

三角ビキニ専用パッドは、三角ビキニの弱点である胸を支えられない問題を解決できるアイテムなんです。

 

通常のパッドを2,3枚入れても、ブラには支えがないので簡単にずれてしまいます。海やプールに入ると、動いてしまうので何度も何度もパッドの位置を戻さないといけないのも大変です。そんな面倒なことも三角ビキニ専用パッドなら起こりません。

 

三角ビキニのキレイなラインを保ちつつ、胸があふれているような谷間まで作ってくれるんです。もう、専用パッドを考えた人に感謝感謝です。

 

よく使われているレモン型パッドだと、胸の下側にボリュームがでてしまい、三角ビキニには合いません。胸の下側だけボリュームがあって、明らかにパッド入れてます感がでてしまいます。

 

三角ビキニには、三角形になっている専用パッドを使いましょう。胸に高さも出るので、三角ビキニのキレイなラインが出せます。モリモリ胸を盛ってください。

 

↓ 三角ビキニ専用パッド ↓

 

バレずに胸をモリモリ盛って、谷間もバッチリ出現★

 

 

アンダーの位置を間違えない

アンダーの位置

ビキニを着るときは、一番最初にアンダーの位置を決めてくださいね。アンダーの位置が下過ぎると、ハリのあるバストラインがうまく出せないので、一番最初にアンダーを結んでください

 

結ぶ位置は、肩甲骨の直ぐしたぐらいがベストポイントです。体型や身長によっても若干違ってきますので、事前に自宅でベストな位置を確認しておきましょう。アンダーが決まれば、三角ビキニも決まる!!と覚えておいてください。

 

 

アンダーのヒモはきつめに結んでしまいましょう

アンダーのヒモは、三角ビキニにとっては唯一のワイヤー代わりになるものです。アンダーのヒモから下には、絶対胸を落とさないぐらいの気持ちで結んでください。

 

何度も書きますが、アンダーのヒモの位置と結びの強さが、三角ビキニのキーポイントです。

 

胸の形を整えるためにも、すこしきついぐらいで結んであげましょう。

 

 

首元のストラップもキツメぐらいがちょうどいい

アンダーが決まれば、首元のストラップ部分。上に引っ張り上げる役割なので、この部分もキツメで結んであげましょう。

 

そのときに、三角ビキニ専用パッドの位置をもう一度確認して下さいね。キツメに結ぶので、何度もやり直しはききませんよ(笑)パッドの位置を確認したら、グイーっと胸全体を持ち上げるように結びましょう。

 

もし緩いと胸全体が下側を向いて、だらしない感じがします。それにパッドも浮いてしまいます。

 

 

以上のポイントを頭に入れて三角ビキニを着てください。これだけすれば、胸は盛り盛りです!!
諦めていた三角ビキニで注目を集めてしまいましょう。

 

2016年 小胸さん用最新水着を見てみる